ピアノのレッスンを通して

年長さんのA子ちゃん、認定試験の8級メソード部門を受け、見事合格しました💮

課題曲は《プチわかーるピアノ》から「組曲 公園であそぼう」を先生との連弾で全部弾きました。

この組曲は子供たちにも分かりやすいテーマになっていて、短いお話がついています。
せっかくなので、私が読んでから演奏・・・にしました。

練習を始めた頃は、伸ばす音符がしっかり伸ばせなかったり、スタッカートとスラーがなかなか上手くできなかったり…と苦戦した時もありましたが、ゲーム感覚で色々なアプローチをしたり、最後には本人の頑張りもあり5曲をなんとノーミスで演奏できました😊

間違えずに弾けたことももちろん素晴らしいのですが、私が一番嬉しかったことは…。

3曲目の『けんか!』は1段めがケンカをして怒っている場面をスタッカートで、
2段めは「ごめんね」と謝って仲直りをしている場面をスラーで表しています。

まだ練習中のレッスンの時、A子ちゃんはその2段目も元気にフォルテで弾いていました。

そこで私は、ちょっと乱暴な感じで歌って弾いて

「こんなふうに弾いたらどう?なんだか謝ってるのにまだ怒ってるみたいじゃな〜い?」
「ケンカの後、仲直りしたらどんな気分かな〜?」…。

そんな話をした後に弾いたA子ちゃんの音はとっても優しく綺麗な音~😊

そして、試験本番の演奏も(もう私は何も言わなかったのですが)見事に弾き分けてくれました。

ピアノを通して“感じる心”が育って来ているな〜と、私の心もほわ〜んと温かくなったのでした✨
ありがとうA子ちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。